>

高いところから降りる際に欠かせない

冷静にロープを作ろう

慌てて窓から飛び降りると、足を骨折するなどのケガをします。
ケガをしないよう、ロープを使ってゆっくり降りてください。
ですが、どこにでもロープがあるわけではありません。
見つけられない場合もあるので、服をロープ代わりにする方法を学んでください。
その場にいる人が服を脱いで、繋げることで、立派なロープになります。

それなら、緊急事態でも下に降りて避難できますね。
何もないからと、絶望しないでください。
その場にあるものを使って、ピンチを乗り切る方法があります。
そのためには、そこにいる人で協力しなければいけません。
衣類を提供するように言われたら、快く応えてください。
協力しないと避難できないので、みんなが危険な目に遭います。

脱いだ服を着用して避難しよう

全員が避難し終わったら、服をほどいてください。
そして必ず着用してから避難所に行きましょう。
避難所に行くまで、何があるか分かりません。
ガラスなどの破片が、飛び散っている可能性があります。
薄着で避難していると、ガラス片が刺さってケガをするかもしれません。
安全に避難するために、ロープに使った服を回収することを忘れないでください。

災害が起こって避難しなければいけない時こそ、冷静になってください。
その場にいる人の誰かが冷静になって指示を出していれば、みんなが助かります。
逆に誰かがパニックになっていると、次第にみんなにも伝染してしまいます。
怖がったり焦っている人がいたら、まず冷静になるよう伝えてください。


TOPへ戻る