ロープが無い!災害時に代わりに使えるものを知っておこう

ロープの代わりに使えるもの

高いところから降りる際に欠かせない

ロープがなくても、安全に下へ降りる方法があります。 それはみんなの着ている服を結んで、ロープ代わりにする方法です。 高い位置から降りる際は、飛び降りるのは危険です。 大丈夫だと思っても打ちどころが悪かったら、最悪の場合は死に至ります。 ロープ作って降りましょう。

服を繋いでロープにする方法

階段などが使えなくて、窓から下に降りなければいけない事態があります。
ですが窓から飛び降りるのは、非常に危険です。
安全に降りるためには、ロープがあれば良いでしょう。
ですが、緊急時にロープを用意できない時があります。
着ている服を結んで繋げることで、ロープの代わりになります。
その場に何もない場合は、服を繋げてください。
ズボンのベルトなども、繋げることができます。
人数がたくさんいれば、長いロープを作れるでしょう。

部屋から脱出する際は、カーテンを使うのが良いですね。
カーテンはもともと長さがあるので、いくつか繋げるだけで長いロープになります。
しかし緩く結んでいると、降りている最中にほどけてしまうかもしれません。
すると降りている人が転落するので、ケガをする恐れがあります。
固く結ぶことを、心がけてください。
災害時に使える、ロープの結び方を知っておきましょう。
そして、練習してください。
1回もしたことが結び方を、災害時にいきなりやろうと思っても難しいです。

サラシも、ロープ代わりに使えます。
何が起こっても良いように、長いサラシを非常用持ち出し袋に入れておくと安心できますね。
ロープの他にも、サラシは様々なものの代わりに使えます。
誰かがケガをした場合は、包帯になります。
赤ちゃんのおむつの代わりにもなるので、小さい子供がいる家庭には欠かせないでしょう。
おんぶ紐になるので、赤ちゃんやケガをした人を背負う時に役立ちます。

部屋から脱出する時に使える

室内に、使える物がないか確認してください。 カーテンがあれば、それを使用するのがおすすめです。 また布団やタオルケットも、ロープ代わりになるでしょう。 降りている時にほどけないよう、しっかり結んでください。 正しい結び方を知って、普段から練習しましょう。

避難する時に活躍するサラシ

避難用持ち出し袋の中に、大きいサラシを入れておきましょう。 サラシがあれば、ロープ代わりになります。 他にも誰かがケガをした際の包帯にしたり、赤ちゃんのおむつにしたりなど、様々な活用方法があります。 便利なので、サラシを使った方法も覚えてください。

TOPへ戻る